自動二輪 これで受かった!限定解除
セブンドリーム・ドットコム

どうなの? AT限定免許

サイトトップ   > AT免許へ一言

本当に必要なのか?

警視庁のホームページによると平成17年6月1日からAT二輪免許試験が始まるそうです始まりました。


免許の種類は、普通二輪(小型)・普通二輪・大型二輪となっており排気量による区分は大型を除き従来通りのようです。  その大型のAT限定免許は排気量650cc以下でこの排気量を超えると、通常の大型自動二輪免許が必要になるそうです。  実際今のところこの排気量を越える国産車は無いと思われるので、実質オートマならどれでも乗れる、という事でしょうか。


さてそのAT限定免許ですが、私的にはAT限定は本当に必要か?と思っています。 一番の理由は、今のいわゆるスクーターでは基本的にニーグリップが出来ないので一般のオートバイと比べ、操作するという点では運転が難しくなっていると思うからです。

エンストも無しにお手軽に動かす事はできますが、いざという時の操作性は劣るのではないでしょうか。


もし一般の普通の試験と同じ課題を、同じ基準で採点されるとしたら、合格するのはとんでもなく難しいと思います。 例えばスラロームなんて、アクセルワークがきちんと出来ないといけないと思います。それをスクーターで同じようにやれと言われても、到底私には出来ません。


でもどのような内容か気になりますよね。6月からAT自動二輪を取ろうと思う方は、その感想や体験なんかを教えて頂けると嬉しかったりします。

MENU
Blog  ‥かな
Copyright(C) 2005-2007 鈍人
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー