自動二輪 これで受かった!限定解除
アフィリエイトはLinkShare

S字とクランク

サイトトップ   > S字とクランク

内輪差を意識して

大型自動二輪の試験で、S字とクランクはそんなに難題ではないのではないでしょうか。 とは言っても幾つかポイントがあると思います。


まずは内輪差に注意する事ですね。 皆さん当然分かっていると思いますが、タイヤが前輪・後輪と離れていますので曲がる時には必ず内輪差が生じます。 後輪は前輪のラインより内側を通るので、この内輪差を意識しないと後輪がコース外に出て、脱輪そして減点となってしまいます。


そこで私は、内輪差があるのだから前輪の通る場所をコースの外側に持って行く様にしました。 この内輪差を意識していた為か偶々か、限定解除の練習をしている時や試験の時は脱輪する事はありませんでした。

ギアは2速だけど

この課題の中で練習所の教官に言われていたのは、ギアは2速で走行する事とクラッチワークは使わない事の2点でした。


S字やクランクを通過するには、車体を操作出来るスピードで走行しなければなりません。 例えばオーバースピードでコースアウトしたり、慎重になりすぎバランスを崩したりしてはいけないですよね。

この車体を操作出来る速度で通過する為に2速でオーバースピードにならない様に、と理解し練習をしていました。


クラッチワークですが、生憎失念してしまいました。 ただ、練習中に頑張ってクラッチワークを使かわない事を意識しすぎたのか、エンジン回転数が落ちすぎ車体が前後に大きく揺れて股間をタンクに強打した事があります。


この記憶からもこの課題中にクラッチワークを使わない、と言うのはまんざら嘘でもないように思います。

MENU
Blog  ‥かな
Copyright(C) 2005-2007 鈍人
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー