自動二輪 これで受かった!限定解除

コーナーを曲がる時には

サイトトップ   > 右左折時の注意

巻き込み確認

右左折の時にまず車線変更をする事は【ライン取り】で書きました。では次は実際に曲がる時の手順です。

まず、ウィンカーを出してから【安全確認のやり方】にある様に安全確認をします。

しつこいようですが、リズム良く安全確認をしましょう。そして【ライン取り】にある様に、車線変更をします。


さあここでいよいよ曲がりますが、とどめに巻き込みの確認をしましょう。 具体的には、曲がる直前の目視による後方確認となります。

公道走行時でも曲がろうとした瞬間に後ろから追突される事を防ぐ意味で、大変意味のある確認だと思いますので、お勧めです。


ウィンカーを出す > 安全確認をする > 車線変更をする > 巻き込み確認をする > 曲がる、これら一連の動作をリズム良く行いましょう。

走行ラインが膨らむ、車体を振る事は厳禁

また一つ注意しなければならないのが、走行ラインが膨らんではいけません。走行ラインガ膨らむのは、車両の重量や大きさになれていない事もあると思いますが、さらにオーバースピードも考えられます。

オーバースピードでコーナーに入って、その結果走行ラインが膨らむと事はバイクをコントロール出来ていない、という事です。コーナー手前では十分にスピードを殺して、狙った走行ラインを確実に走れるようにしましょう。


もう一つ、大きいバイクになると車重がそれなりにありますよね。

この重いバイクでコーナーを曲がろうとする時に、曲がる直前に曲がる方向と逆方向に一瞬ハンドルを振ってしまう事があります。

少し分かり辛いと思うのですが、例えば右コーナーを曲がろうとした時に、一瞬左にハンドルを切ってしまうような事です。そうすると車体が右に倒れてくれて、その結果右コーナーに入りやすくなるって事ですね。


こうやって曲がるとすごく楽なんですけど、大型自動二輪の試験では合格できません。 合格する為には、曲がる時に車体を振らないで曲がりましょう。

筆者の場合

練習所ではこのページの項目は、大変うるさく注意されました。 まぁ、それだけ車体の扱いが下手だった、という事ですが。


「コーナーを膨らませないで曲がる」というのは、コーナー手前で十分にスピードを落とす事でコントロールが出来ましたが、もう一つの「車体を振らない」事は苦労しました。

大型バイクの練習中でしたから、自分が乗っていたバイクと当然重さや大きさが違うんですね。

そんな時に参考になったのが、レースをやっていた知り合いの走りと言葉でした。 たしかこんな言葉だったと思います。 「レースではコーナーに入る時に振ると、その瞬間にインを突かれる」、成る程と思いましたね。


その後、ビデオ(今はDVDですね)などで鈴鹿8耐の映像なんかを見ると、その通りでした。

とは言っても頭では分かっていても、体が慣れるまでは時間がかかるんですよ。


MENU
Blog  ‥かな
Copyright(C) 2005-2007 鈍人
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー